宮城日高見牛
トップページへ
会社概要へ
日高見牛物語へ
生産規模へ
飼育技術へ
生産者紹介へ
味わいの秘密へ
扱い店・販促ツール
日高見牛レシピへ
グリーンプラン株式会社へ
お問い合わせへ
登米市ホームページへ
 
 
HIDAKAMI BEEF
 
メッセージ
「美味しくて、信頼のおける高品質な肉牛を生産する」ことを企業ポリシーに。 株式会社日高見牧場 代表取締役 佐藤寿男
 宮城県の北東部に位置するここ登米市一帯は
北上川沿いに開けた豊穣の地。「日高見」とはこの北上川の古い呼び名であり、古来より、自然の恵み豊かな全国有数の良質米生産地です。ひとめぼれやササニシキといった、ブランド米が実りをもたらす素晴らしい環境はまた、昔から畜産が盛んな土地柄でもあり、県内はもとより東北においても屈指の肉用牛生産地として、その名を馳せております。
当社は、昭和62年に肉用牛の肥育関連事業を法人化いたしました。以来、何よりも「安全・安心」をモットーに、良質な肉牛の肥育一筋に歩んでまいりました。交雑種(黒毛和種X乳用種)を主体に黒毛和種も含めた総頭数約5,700頭を、4戸の農家による<日高見グループ>で飼育しております。
いま、牛肉を取り巻く市場環境は、BSEをはじめとするさまざまな問題を抱えており、決して楽観できる状況ではありません。しかし当社では、創業当時からの「美味しくて、信頼のおける高品質な肉牛を生産する」という一念を強く守り続けることにより、おかげさまで地元はもとより関東、関西方面から、安定かつ高水準な引き合いを頂戴しております。
肉牛は、いずれ枝肉として市場に流通し皆さまの口に入る「食品」です。「肉牛を飼育すること」とは、すなわち「食品をつくること」にほかならず、牛舎はある意味、食品工場でもあるわけです。そう認識することにより当社では、肉牛肥育に関して、早い段階から徹底した効率化とクリーンな空間づくりを図り、先進的で快適な飼育環境を実現させました。この好環境が牛に過度なストレスを与えず、のびのびと育つことで、常に上位等級(3等級以上)の発生率が7割以上という好結果をもたらしております。
安全で健康な「宮城 日高見牛」は、かの仙台牛を生んだ当地宮城の新ブランドとして、新しいファン層を拡大しております。「サラダのように毎日食べたい健康的なお肉」をキャッチフレーズに、日々、皆さまの食卓に彩りを添えて参りたいと思っております。
どうぞよろしくお願い致します。
 
会社概要
商 号 株式会社 日高見牧場
設立年月日 昭和62年7月1日
所在地 宮城県登米市登米町寺池銀山108番1
連絡先 TEL.0220-52-3971
  FAX.0220-52-2885
代表者 代表取締役社長 佐藤寿男
資本金 1,000万円
決算月日 7月1日〜6月30日
従業員数 40名
主要取引銀行 七十七銀行 登米支店 / 仙台銀行 登米支店
年間出荷頭数 約2,500頭
会社沿革
昭和47年 個人で肉用牛の飼育を創業
昭和62年 肉用牛の飼育関連事業を法人として創業
平成1年 特殊肥料工場(堆肥プラント)操業開始
平成8年 家庭用園芸培養土の生産ブランド操業開始
平成9年 新鋭設備の肥育牛舎完成操業開始
平成11年 堆肥発酵堆積場の増改築操業開始
平成12年 園芸培養土の生産設備拡充と製品倉庫の建設
平成12年 関連会社[グリーンプラン株式会社]設立
平成14年 5号・6号牛舎完成
平成15年 7号牛舎・育成用4号牛舎完成
平成17年 8号・9号牛舎完成
平成18年 10号・11号牛舎完成
平成19年 12号・13号牛舎完成
事業品目
・肉用牛の生産販売
・家畜飼料の販売
・有機質肥料の製造販売
・生産者用培土の製造販売
・家庭園芸培養土の製造販売
・植生基盤材の製造販売
■主要仕入先 ■主要販売先
全農みやぎ家畜市場 仙台中央食肉卸売市場株式会社
淡路家畜市場 東京食肉市場株式会社
清水港飼料株式会社 富士見工業株式会社
富士見グリーン株式会社 富士見園芸株式会社
日本クリーンパック株式会社 富士見緑化株式会社
日本包装印刷株式会社 山北チップ工業株式会社
有限会社サンショー 王子木材緑化株式会社
日東粉化商事株式会社 株式会社花ごころ
株式会社栗山ケイセキ 有限会社ウェイ
  株式会社ハイポネックスジャパン
  昭和培土株式会社
  (順不同)
■関連会社
宮城県登米市登米町寺池銀山101番1
TEL. 0220-52-5030 FAX. 0220-52-5031